1. TOP
  2. 社会・生活
  3. 電気の周波数が東日本と西日本で違うワケ

電気の周波数が東日本と西日本で違うワケ

日本は東と西で電気の周波数が違います。
東日本は50ヘルツ、西日本は60ヘルツです。
境界線は糸魚川静岡構造線(地質境界)にほぼ沿っています。

東日本大震災で電力不足に陥った際、西日本から電気の融通が円滑に出来ずに問題になりました。

世界的にも分かれているのはインドくらいで、それでも日本のように東西でくっきり分かれてはいません。

さて、そもそもなぜ違うのか?
明治時代に電気事業が開始されましたが、その際に発電機を輸入した国が東と西で違うからです。
東は50ヘルツのドイツ製、西は60ヘルツのアメリカ製。
現在も当時の流れを引き継ぎ、2つの周波数が存在しているワケです。

ちなみに電気器具の周波数は自動切り替えの製品が多いですが、引っ越しのときは、ヘルツ表示を確かめた方が良いですね。