1. TOP
  2. 社会・生活
  3. 隣室から出火で被害。賠償はどうなる?

隣室から出火で被害。賠償はどうなる?

アパートの隣室から出火し、もらい火により類焼、あるいは消火放水による浸水などで自室にも被害が及んだ場合、当然、火元の隣人に賠償を求めたいところですが、じつはそれ、かなり困難です。
失火責任法では、故意または重過失による火災以外、火元の人間であっても第三者に対して賠償責任を負わないとしています。

これは延焼火災の損害の全てを負うとなると、莫大な負債になってしまいますし、また火事の原因はそもそも特定しにくい、といった理由もあるようです。

では、誰に請求するかというと、住居に関しては大家さんです。
これは損害賠償ではなく、賃貸人は家賃を取っている以上、賃借人の部屋を普通に使える状態にしておく義務があるからです。

ただし、家財道具は賃貸契約外なので、火災保険などを使うということになります。
ちなみに火元の人は、賃貸契約上の善管注意義務を怠ったとして、大家さんからは、その旨の賠償を求められることになります。

賃貸契約を結ぶ際は万が一に備えて、火災保険への加入はしておきましょうね。