1. TOP
  2. 社会・生活
  3. 絵馬を神社に奉納するわけ

絵馬を神社に奉納するわけ

絵馬を神社や寺院に奉納するようになったのは、平安時代ごろからの習わしのようです。
平安時代に出された漢文集「本朝文粋」の中に、大江匡房(おおえのまさふさ)が、「色紙絵馬三匹」を北野天神に奉納したことが、書かれています。

絵馬というのは、文字どおり「絵にかいた馬」というのが元々の意味です。
昔から神馬(じんめ)といって神様に生きた馬を供えることが行われていましたが、その内に生きた馬が木馬に変わり、そして「絵にかかれた馬」を奉納するようになったのです。
その後、願い事の内容によってその絵柄も馬だけでなく、いろいろな動物や風景などが
登場してきました。

現在、合格祈願に使っているような絵馬は「小絵馬」といい(それまでの絵馬は幅1メートルもあった)鎌倉時代に一般的になったものです。
絵馬は本来、絵も願い事も自分でかいたものです、それが現代では、その年の干支を描いた子絵馬が神社で用意され、願い主は裏に願い事をかくだけでよくなりました。

また、昔は願い主は自分の名前を書かなかったようですが、今では自己アピールを強調してか、我先に神様に願いをきいてもらおうと、皆名前を書いているようですね。