1. TOP
  2. スポタメ
  3. 「朝ランニング」と「夜ランニング」どちらがダイエット効果があるか?

「朝ランニング」と「夜ランニング」どちらがダイエット効果があるか?

ランニングをされている方、朝派ですか?夜派ですか?
日本ランニング協会の調べでは、夜派が多いようです。

さて、ダイエット効果があるのは「朝ランニング」と「夜ランニング」どちらなのでしょうか?
番組「この差って何ですか?/TBSテレビ」の検証では、
体重は「朝ランニング」がわずかながら効果がありました。
体脂肪率は「朝ランニング」が大きく減らしました。

朝は朝食前で低血糖のため、痩せやすい状態にあります。
運動をすると糖分と脂肪の内、糖分から燃焼を始めます。
朝は朝食前で糖分が少ないため、早めに脂肪が燃焼し始め、夜は朝昼夜の糖分が残っているため、脂肪燃焼まで到達しづらい状態にあります。

また効率良くダイエットランニングをするコツは、「会話ができるスピードでゆっくり走る」「20分以上走って体温を上昇させる」ことがコツのようです。

ランニングでダイエットをしたい場合は、朝の方が効果があるようですね。
ですが特に高血圧の方の朝ランニングは注意が必要です。
起床直後は睡眠中に汗をかいて水分を失っているため、血がドロドロになっており、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まりますので、十分に注意された方がよろしいようです。

参照:「この差って何ですか?」(2016/9/18放送)TBSテレビ