1. TOP
  2. 恋愛・性
  3. 「オナニー」の語源は旧約聖書にあり!?

「オナニー」の語源は旧約聖書にあり!?

自分で自分の身体、特に性器を刺激することによって性的快感を得る行為のことを「オナニー」と言いますが、この「オナニー」はドイツ語で、その語源は『旧約聖書』の「創世記」にあります。

「創世記」38章によると、オナンという名の男が、早死にした兄の代わりに子孫を残すため、兄嫁タマルと結婚することを命じられます。
しかし、オナンとタマルとの間に生まれる子は、オナンの子ではなく兄の長子として家系を継ぐことになっていました。
そのため、オナンは兄の子を残すことを拒み、性交時に精液を膣の中に放出せず、地面に流して避妊しようとしました。

オナンが行ったのは膣外射精ですが、このことから転じて、生殖を目的としない射精行為としてオナニーという言葉が使われるようになりました。

この行為は主の意志に反するものとされ、オナンは主によって命を絶たれてしまうのです。