1. TOP
  2. 恋愛・性
  3. ソープランド改名の経緯

ソープランド改名の経緯

ソープランドは以前「トルコ風呂」と呼ばれていました。

そもそもトルコ風呂とは、トルコ風の浴場という意味で、中東の伝統的な公衆浴場であるハンマームのことを言うものでした。
ハンマームでは、男性客には男性の垢すり師が垢すりやマッサージなどのサービスを行うのが原則ですが、これが日本に伝わった際に女性がサービスを行うようになったのです。

日本で最初の「トルコ風呂」は、1951年に銀座に開店した東京温泉だと言われています。
東京温泉はサウナ施設がメインで、女性がマッサージサービスを行うものの、着衣のままで性的なサービスはありませんでした。

その後「トルコ風呂」は、日本各地で徐々に店舗数を拡大していきます。
「トルコ風呂」では、個室内で裸の男性に対して女性がマッサージを行うことから、性的サービスを行う店舗が増えていきました。

1958年に売春防止法の完全施行により赤線が廃止されると、赤線で行われていた売春行為は、「トルコ風呂」で過激サービスとして行われるようになります。
1966年には風営法の適用を受け、性風俗店としての「トルコ風呂」は、日本で広く通用する言葉になっていきました。

「トルコ風呂」が全盛期を迎えていた1980年代前半、東京大学のトルコ人留学生ヌスレット・サンジャクリは、当時の厚生大臣である渡部恒三に「トルコ風呂」の名称変更を直訴するなど、改名運動を行いました。
「トルコ風呂」は略して「トルコ」と呼ばれることが多く、日本に滞在するトルコ人たちは、祖国の名称や伝統文化が性産業のイメージと結び付けられて使用されていることに対して憤慨することが多かったのです。

この運動は、当時ジャーナリストだった小池百合子の協力を得て、日本のマスコミにも大きく取り上げられました。
その結果、1984年10月に横浜市の特殊浴場協会が「トルコ風呂」の名称を用いないことを決定。
東京都特殊浴場協会は新しい名称を一般公募し、同年12月に記者会見で新名称「ソープランド」を発表しました。

当初この新名称は不評で拒否反応もありましたが、今ではすっかり定着しています。
ちなみに、この一般公募には2400通以上の応募があり、最も多かった名称は「ロマン風呂」「浮世風呂」だったとのこと。
ほかにも「コルト」「ラブリーバス」「オアシス」「ロマンス風呂」「ルンルン風呂」「ラブユ」などの名称が提案されました。