1. TOP
  2. 恋愛・性
  3. 古今東西ビックリ避妊方法

古今東西ビックリ避妊方法

その効果はどうあれ、世界人類史上では様々な避妊方法が試されてきました。
危険ですので、絶対に真似しないでくださいね!

■膣内に異物を挿入し、子宮口をふさぐ方法(ペッサリー)
古代エジプトでは、ザクロを半分にして実をくりぬいたものを使いました。
また古代ローマでは、レモンの輪切りを使っていました。
18世紀には女性遍歴で有名なカサノヴァが、半分に切ったレモンを愛人に装着させたと言われています。

■膣内を洗浄する方法
20世紀中頃からアメリカを中心に、性交後にコーラで膣内を洗浄する方法が流布しました。
ほかにもワインや酢、ミョウバンなどを使って膣洗浄する方法が古くから行われてきたようです。

■内服法
鉛や水銀を含んだものを飲むことで避妊しようとする方法も世界各地で見受けられますが、人体には有害な方法でした。

■男性器に液体を塗布する方法
中世ヨーロッパでは、男性器を玉ねぎの汁に浸すという方法が勧められました。
また、シダーオイルを男性器全体にすりこむという方法もあったようです。

■運動的方法
くしゃみする。ジャンプする。スクワットする。
女性は性交後、なんとかして精子を排出しようと努力したんですね。