1. TOP
  2. 社会・生活
  3. シンガポールの厳しい!?罰金行為

シンガポールの厳しい!?罰金行為

清潔で美しい景観を持つ、観光都市「シンガポール」。
シンガポールには多くの罰金制度があるのは有名です。
ここでは主な罰金行為を紹介します。

・チューイングガムの持ち込み:10,000ドル(約75万円)
・タン、つばを吐き:1,000ドル(約7万5千円)
・ゴミのポイ捨て:1,000ドル(約7万5千円)
・禁煙エリアでの喫煙:1,000ドル(約7万5千円)
・泥酔:2,000ドル(約15万円)
・公衆トイレを使用後、水を流さない:1,000ドル(約7万5千円)

その他、非常ベルの押し間違い、許可のない路上パフォーマンス、飼い犬のマナー、鳥に餌をやる…など、様々な罰金制度があります。

このような厳しい罰金制度がある理由としては、シンガポールは中国系・マレー系・インド系などが暮らす多民族国家のため、それぞれの文化や習慣が違います。
みんなで守らなければならないルールを作って治安を良くしようと言う考えのもと、厳しい法律があるようです。

※シンガポールドル、1ドル=75円換算
※罰金額は変更されることがあり目安です
※罰金額は最高額であり再犯の場合はより多くの罰金が科せられます