1. TOP
  2. スポタメ
  3. 下町にあった光の球場「東京スタジアム」

下町にあった光の球場「東京スタジアム」

昭和37年(1962年)東京の下町、荒川区南千住に、3万5千人を収容する巨大球場があったのはご存じだろうか。
大リーグの球場をモデルに、当時ではモダンなキャンドルスティック型の照明塔、内外野は天然芝生、1階と2階スタンドの間には日本初の来賓用ゴンドラ席が設けられた、後楽園球場と並ぶ最新の球場であった。
また地下にはボーリング場が併設され、シーズンオフ時は、一周450メートルのアイススケート場が設備された。

低い住宅が建ち並ぶ下町の街並みに忽然と現れた巨大な球場、
夜になるとナイター照明が放つ光が周辺に瞬く光景から「光の球場」と言われた。

この東京スタジアムを本拠地としていたのは、千葉ロッテマリーンズの前身「毎日大映オリオンズ」。
大日本映画製作(大映)社長であり、毎日大映オリオンズのオーナーだった永田雅一(ながた まさいち)が私財を投じて作った。
永田雅一は野球に情熱を燃やし、また庶民から一代で成り上がった所からも、大変人気があった名物オーナーだった。

東京スタジアムは、昭和47年のシーズン終了後わずか10年で閉鎖。
原因はチームの成績不振と親会社の大映が倒産したためだった。
現在は区が管理する「荒川総合スポーツセンター」となっており、体育館や軟式野球場などがある。

ちなみに球場第1号本塁打は野村監督こと野村克也選手。

東京スタジアム_南千住

画像出典元:荒川区ホームページ