1. TOP
  2. 社会・生活
  3. 西日暮里駅(荒川区)にまつわる話。

西日暮里駅(荒川区)にまつわる話。

西日暮里は山手線で最も新しい駅で、1971年(昭和46年)に開業しました。
2020年には田町―品川間に新駅が開業予定のため「最新」の座を譲るのも近いですが、昭和に開業した唯一の駅ということに変わりはありません。

もともと西日暮里は、営団地下鉄(現・東京メトロ)千代田線の駅として、1969年(昭和44年)に開業していました。
山手線・京浜東北線の駅は、その2年後に千代田線の乗り換え駅として新設されたのです。

西日暮里から隣の日暮里までの駅間は、山手線で最短距離の500メートル。
日暮里駅のホームから見えるくらい近い位置に新駅を開業したのには訳があります。
それは常磐線から山手線・京浜東北線への利用客を分散して混雑を解消するためでした。
常磐線には快速と各駅停車があり、快速は北千住から日暮里に接続しています。
一方の各駅停車は北千住から千代田線に乗り入れ西日暮里に接続しているのです。

西日暮里では東京メトロ千代田線のほかに、都営の日暮里・舎人ライナーとも接続しています。
都営の駅はJRの駅から東側に少し離れた場所にありますが、この近辺は日暮里・舎人ライナーのほかに東北本線、常磐線、貨物線、京成本線など、多くの線路が複雑に交差する鉄道過密地帯になっています。

一方、駅の西側は道灌山・諏訪台の台地となっていて、近くには進学校として有名な開成学園があります。