1. TOP
  2. 社会・生活
  3. 日暮里駅(荒川区)にまつわる話。

日暮里駅(荒川区)にまつわる話。

日暮里は山手線と常磐線の分岐駅として1905年(明治38年)に開業しました。
JRでは山手線のほか京浜東北線・常磐線が乗り入れ、京成本線、都営の日暮里・舎人ライナーとの接続駅となっています。
日暮里・舎人ライナーでは起点駅であり、京成本線でも隣の京成上野駅よりJRへの乗り換えが便利なため、ターミナル駅として機能しています。

駅の西側には昔ながらの商店街「谷中(やねせん)ぎんざ」や谷中霊園があります。
谷中は近くの根津・千駄木とともに「谷根千」と呼ばれる東京下町の人気観光スポットとなっています。

一方、駅の東側では新しい街づくりが行われています。
日暮里・舎人ライナーの乗り入れに伴う駅前再開発で建設されたサンマークシティは、駅直結の3棟の高層マンションおよび付属施設で構成され、居住・商業施設が一体となっています。
その一つであるステーションガーデンタワーには、かつて駅前に集まっていた駄菓子問屋の一部や、日暮里発祥の世界的ジーンズブランド・エドウインの旗艦店が入店しています。
エドウインの本社は東日暮里にありますが、この一帯には古くから繊維問屋街があることでも有名です。

日暮里はもともと新堀(にいほり)という地名でしたが、その風光明媚な土地柄から一日中過ごしても飽きない里という意味で「日暮らしの里」と呼ばれるようになり、江戸時代中期に「にっぽり」の音に「日暮里」の字を当てるようになりました。