1. TOP
  2. 文化・歴史
  3. 大塚駅(豊島区)にまつわる話。

大塚駅(豊島区)にまつわる話。

大塚駅のすぐ近くに巣鴨警察署。
駅の北側に都電荒川線の巣鴨新田停留場、南側に西巣鴨中学校など、大塚駅近辺には隣の駅名である巣鴨の名が付くものがいくつか存在しています。
これは現在の大塚駅周辺が、もともとは巣鴨村だったことの名残です。

現在の大塚駅の住所は豊島区南大塚ですが、当初はその南にある文京区大塚、現在の東京メトロ新大塚駅近辺に開業する計画でした。
大塚の名は、この文京区大塚から来ており、そこに大きな塚があったことが地名の由来とされています。

当初の計画は変更され、大塚駅は1903年(明治36年)に巣鴨村だった現在地に開業します。
その際、巣鴨の名は隣の駅名に使われるので、大塚の名がそのまま駅名に使われたのです。

駅の開業後は、駅名に合わせて次第に駅周辺が大塚と呼ばれるようになります。
その結果、1969年(昭和44年)に地名も実態に合わせて現在の北大塚、南大塚という住所になりました。

大塚駅は都電荒川線と大塚駅前停留所で接続されていて、かつては花街として賑わいを見せました。
そうした古い繁華街としての性格上、駅周辺には居酒屋などの飲食店も多く、ラブホテルや風俗店なども点在しています。
その一方で、2013年には南口に駅ビル「アトレヴィ大塚」がオープンするなど、駅前の再開発も進んでいます。