1. TOP
  2. 文化・歴史
  3. 田端駅(北区)にまつわる話。

田端駅(北区)にまつわる話。

田端は1896年(明治29年)に現在の東北本線の駅として開業し、常磐線との接続駅として機能していました。
その後、1903年(明治36年)に池袋との間に豊島線が開通することで、品川と赤羽の間を結んでいた品川線と連絡するようになりました。
これが現在の山手線の原型となったことから、田端は今でも山手線の終点駅となっています。

駅の東側には貨物線の田端信号場駅があり、上中里・尾久方面に向かって機関車や新幹線の車両基地が広がっています。
この辺りでは多くの種類の車両を見ることができるため、田端は鉄道ファンの聖地として知られており、ホテルメッツ田端から見える鉄道景観も人気となっています。

田端は山手台地の縁の崖地にある駅で、もともと崖下である駅の北東部には田圃が広がっていました。
田端という地名の由来は、田圃の端という説が有力で、本来の田端は駅の南西部にあたる崖上の台地部分でした。

大正から昭和にかけて、田端には芥川龍之介、室生犀星、萩原朔太郎などの文士や、画家・陶芸家などの芸術家が多く集まり住むようになり、互いに影響しあいながら文化活動を行って「田端文士村」と呼ばれる地域を形成しました。
現在、北口駅前の田端アスカタワーには、その功績を紹介する田端文士村記念館が開設されています。