1. TOP
  2. 文化・歴史
  3. 鶯谷駅(台東区)にまつわる話。

鶯谷駅(台東区)にまつわる話。

鶯谷は山手線で乗車人員が最も少ない駅です。
山手線では駅長がいない唯一の駅で、上野駅長が兼務しています。
駅は上野台地の端の崖にあり、南口は崖の上に、北口は崖の下に出る構造になっています。

駅の西側、崖上の台地には徳川家の菩提寺(ぼだいじ)である寛永寺(かんえいじ)があります。
その先には上野方面に上野公園が広がり、日暮里方面には高級住宅街として知られる上野桜木が続いています。

一方、崖下にあたる駅の東側、根岸一丁目二丁目付近には、小さな路地が入り組んだ一帯に多数のラブホテルが密集しています。
駅前の元三島神社(もとみしまじんじゃ)はラブホテルに囲まれた場所にあり、本殿の下の地階に飲食店があるという不思議な造りになっています。
この辺りは戦後、東北の玄関口であった上野の隣駅ということで宿泊施設が増え、旅館街としての盛衰を経て連れ込み旅館が急増し、その後ラブホテル街に転換していきました。

この周辺はかつて「呉竹の根岸の里」と呼ばれ、閑静な土地ながら名勝も多く、江戸時代から風雅を好む多くの文人墨客が住んでいました。
元禄の頃、寛永寺の門主が京都から取り寄せた多くの鶯を放ったことから、この辺りは鶯の鳴き声を楽しむことができる名所として知られる場所でした。

鶯谷の駅名はこれに由来しますが、実は行政上「鶯谷」という地名は存在しません。
現在の駅の住所は台東区根岸、1912年(明治45年)開業当時の住所は上野桜木町であり、鶯谷は通称に過ぎないのです。

根岸には明治以降も多くの作家や画家などが集まりました。
なかでも正岡子規はこの地で俳句・短歌の革新運動を行い、その一派は「根岸派」と呼ばれ日本近代文学に名を残しています。

その住居であった子規庵は建物が復元され、現在も当時の場所に残されていますが、周りはすっかりラブホテル街に変貌を遂げています。
もはや風光明媚な当時の面影は残っていませんが、鶯谷駅では現在、駅名にあやかって朝の時間帯にホーム上のスピーカーから鶯の鳴き声を流しています。