1. TOP
  2. 文化・歴史
  3. 神田駅(千代田区)にまつわる話。

神田駅(千代田区)にまつわる話。

そもそも神田とは、神社の祭祀などの運営経費にあてる領田(寺社領)のことで、日本各地に存在する地名です。
東京千代田区の神田は、かつて伊勢神宮の神田があったことに由来します。
その鎮守のために創建されたのが、神田明神です。
もともと神田明神は、現在の大手町にある平将門の首塚付近にありました。
御茶ノ水近くの現在地(外神田)に移ったのは江戸時代になってからのことです。

神田という地名の範囲は広く、千代田区北東部の広域地名として用いられています。
これは明治時代に設置された旧神田区の範囲とされていて、現在の神田駅周辺のほか、古書店街がある神保町、大学や予備校が集まる駿河台、電気街として有名な秋葉原などが、その一部に含まれています。
ちなみに現在の千代田区は、この旧神田区と皇居周辺の旧麹町区が合併してできました。

このうち、江戸時代から神田と呼ばれていた地域が、現在の神田駅周辺です。
この近辺は江戸時代から職人や商人の町で、いまでも鍛冶町や紺屋町などの地名が残されています。
地名には残っていませんが、ほかにも鍋町や塗師町などがあり、職人が職業ごとに集まって生活していました。
このため神田界隈は古くから金物の町として知られ、現在でも神田金物通り沿いに金物問屋街が形成されています。