1. TOP
  2. 文化・歴史
  3. 東京駅(千代田区)にまつわる話。

東京駅(千代田区)にまつわる話。

東京駅では皇居方面の西側出口を「丸の内口」、日本橋方面の東側出口を「八重洲口」と呼ぶことから、駅西側一帯を「丸の内」、東側一帯を「八重洲」と称しています。

丸の内とは、江戸城の外壕の内側を指します。
江戸城の外濠川は現在は埋め立てられていますが、もともとは東京駅の東側、常盤橋から数寄屋橋へと続く外堀通りにありました。
つまり東京駅は丸の内にあり、現在でも住所は千代田区丸の内となっています。

一方、八重洲の地名は、江戸時代に日本に漂着し徳川家康の国際情勢顧問や通訳として活躍したオランダ人、ヤン・ヨーステンの和名「耶楊子(やようす)」に由来します。
本来の八重洲は、現在の丸の内二丁目の馬場先濠に沿った一角を指す地名で、この地に家康から邸を与えられたヤン・ヨーステンが住んでいました。

1929年(昭和4年)に東京駅の東側に設けられた改札口は、外濠川に架けられた八重洲橋にちなんで当初「八重洲橋口」と呼ばれました。
しかし同年、本来の八重洲があった駅西側の地名が丸の内に変更されると、駅の西側出口は「丸の内口」と呼ばれるようになり、逆に東側出口が「八重洲口」と呼ばれるようになったのです。

戦後、八重洲橋は外濠川の埋め立てにより姿を消しますが、八重洲の名は駅の東側一帯の中央区の地名として復活します。
こうして八重洲という地名は駅の西側から東側に移転することになったのです。