1. TOP
  2. 文化・歴史
  3. 有楽町駅(千代田区)にまつわる話。

有楽町駅(千代田区)にまつわる話。

有楽町駅は、東海道本線が烏森(現在の新橋)駅から北へ延伸していく過程で、1910年(明治43年)に開業しました。
現在は山手線と京浜東北線が停車し、東京メトロ有楽町線と接続しています。
また、東京メトロ日比谷線・千代田線、都営地下鉄三田線の日比谷駅と地下通路で連絡していて、それぞれ乗り換え可能となっています。

駅名である有楽町の地名は、この辺りに織田信長の弟である織田長益(有楽斎)の邸宅跡地があったことに由来しているというのが通説です。
織田有楽斎は生涯のほとんどを上方で過ごし、江戸に屋敷を拝領したという記録は残っていませんが、この辺りが江戸時代に有楽原(うらくはら)と呼ばれていたことから、明治初期に有楽町と名付けられました。

有楽町は丸の内に近いビジネス街として発展し、昭和の初めには毎日新聞と朝日新聞の東京本社や読売新聞社別館などが置かれ、界隈は「新聞街」と呼ばれていました。

現在ビックカメラが入っている駅前のビルが、元読売新聞社別館の読売会館です。
ここには以前そごうデパートが入っていました。
フランク永井が歌ったそのCMソング「有楽町で逢いましょう」は、同名の映画とともにヒットし、有楽町の名が全国に広まるきっかけとなりました。