1. TOP
  2. 文化・歴史
  3. 新橋駅(港区)にまつわる話。

新橋駅(港区)にまつわる話。

新橋といえばサラリーマンの街として有名で、サラリーマンがSL広場前で街頭インタビューを受ける光景もすっかりお馴染みです。
駅の北側はオフィス街の日比谷・内幸町や繁華街の銀座に近く、西側は古くからの商店街や中小の雑居ビルが混在した歓楽街となっています。

新橋は1872年(明治5年)10月に日本初の鉄道が開通した際の起点になった駅として知られていますが、これは現在の新橋駅ではありません。
現在の新橋駅は2代目で、当時の新橋駅(初代)は現在の汐留にありました。

新橋の名は、江戸時代に外濠の汐留川に架かっていた橋の名に由来します。
この橋は現在の中央通り、銀座八丁目の交差点付近にありました。

初代の新橋駅は横浜方面へ向かう東海道本線の起点となっていましたが、新橋と上野とを結ぶ新たな鉄道路線が開設される際に、現在の浜松町駅付近で既設の東海道本線から西側に分岐するルートをとることになりました。
この分岐ルート上にできたのが、現在の新橋駅です。

現在の新橋駅は、もともとは烏森(からすもり)という駅名でした。
烏森は1909年(明治42年)に東海道本線支線の駅として初代・新橋駅の西側に開業し、品川―烏森駅間が開通しました。
これによって当時の山手線は、烏森―新宿―上野駅間で「C」の字形運転を開始することになります。

この東海道本線支線は北に延伸し、1914年(大正3年)に東京駅が開業すると、東海道本線の起点は新橋から東京に変更されました。
この時に初代の新橋駅は貨物専用の汐留駅になり、烏森駅が2代目の新橋駅となったのです。

現在、汐留貨物駅の跡地は再開発により最先端のビジネス街「汐留シオサイト」として生まれ変わっています。