1. TOP
  2. 文化・歴史
  3. 田町駅(港区)にまつわる話。

田町駅(港区)にまつわる話。

田町駅は、1909年(明治42年)に東海道本線の品川―烏森(現在の新橋)駅間が開通した際に、隣駅の浜松町と同時に開業しました。

駅名の田町は、現在の三田口(西口)周辺の昔の地名です。
江戸時代この辺りは東海道沿いの要地で、もともと田畑だった場所が町屋へと発展したことが、その名の由来となっています。

開業当時、現在の芝浦口(東口)一帯は陸地ではなく、鉄道は海岸線に沿った防波堤上に敷設されていました。
その後、芝浦口一帯は埋め立てられて芝浦となり、工場地帯として発展します。
駅の芝浦口が開設されたのは1926年(大正15年)のことでした。

現在の三田口周辺には、森永製菓、三菱自動車工業、日本電気(NEC)など大企業のオフィスや官公施設が点在しています。
慶應義塾大学などの教育施設も多いことから学生街としての一面もあり、飲食店などの商業施設も集まっています。

芝浦口周辺は、埋立地として新規開発された工業地域であることから、工場や倉庫、オフィスビルなどが多くなっています。
かつてバブル時代にはジュリアナ東京などの「ベイサイドエリア」に向かう人々で賑わっていましたが、近年は工場跡地などで大規模な再開発が行われ、芝浦アイランドなどの高層マンションが増えています。